安曇野産本わさびの「ちょっと洋風な本わさびドレッシング」オリーブオイル仕立て

¥ 540 税込

数量

長野県、信州安曇野産の本わさびと丸大豆醤油にオリーブオイルを使用した、ちょっと洋風なわさびドレッシングです!
醤油ベースのドレッシングにすりおろした本わさびとオリーブオイル(・∀・)
ツンとくるわさびの刺激に、オリーブオイルのほのかな香りが、意外な組み合わせ♪
サラダ、お刺身、お豆腐、肉料理など幅広く使っていただけます。

【容量】
※200ml 常温保存(開封後は要冷蔵)

※通常商品・予約販売商品・冷凍商品は、それぞれ同梱できないため一緒に買うことはできません。

商品コード: honnwasabioribudoresshinngu

丸大豆醤油と安曇野産本わさびの組み合わせ!

普通の醤油と丸大豆醤油って何が違うの?あまり知らない方も多いかと思います。
簡単に言うと、丸大豆醤油は大豆のみで作ったもの、普通の醤油は大豆以外に原料を使ったり油を搾った後の加工した大豆を使っているものです。国内で流通している醤油の約8割は普通の醤油です。味が違います。丸大豆醤油は、大豆本来の味かしっかり出るのでまろやかになります。
普通の醤油は、スッキリしたものになります。ここで製造会社マルイは考えたんです。わさびのツンとした風味と辛味に合わせるなら、醤油は「スッキリ」したものより「まろやか」にするべき!幾度と試作を作りやっと出来たのがこの組み合わせとバランスなんです!

安曇野産本わさび使用!

もともと冷涼な地域で生息していたわさびは、今では静岡など温かい地域でも作られるようになりました。これは湧水を使った水耕栽培が発展したからです。湧水は年間通して水温が一定のため暑い時期でも水温が上がらずわさびの生育ができます。では安曇野本わさびは何が違うのか?それは高冷地だということです。夏でも気温が上がりすぎず、わさび本来の生育に最適な環境なんです。いくら湧水で温度が上がらないとはいえ暑い地域ではそうもいきません。水温が1℃上がるだけで生育が3~4か月も変わってくると言われています。そのため葉が大きくなってしまい、株がわかれ根が大きくなりにくなりません。遮光したハウス栽培の物も同様です。また味も水っぽく辛味が少ないものになります。しかし高冷地はわさびは、本来の生育環境で育つため身が引き締まった物になり風味と辛味が凝縮した本わさび本来の味わいになるんです!

知られざる「わさび」の成分!

本わさびには、辛味成分アリルイソチオシアネート(アリル芥子油)という成分が入っていて、この成分の特徴は、食欲増進と消化促進効果、代謝アップ、強い抗菌作用、血栓予防効果、野菜や果物の鮮度保持効果など隠れた力があるんです!この辛味成分は、わさびをすりおろさないと出てきません 根や葉の細胞に含まれるシニグリンという物質がダメージを受けることで細胞が破壊されミロシナーゼという酵素の 働きで生成されて出てきます 。わさびで健康生活!ダイエット!?驚きですね( ゚Д゚)

オリーブオイル仕立て!

最近話題の美容やダイエットで注目のオリーブオイルを使用しています!和風な醤油ベースのドレッシングに、オリーブオイルが加わることで風味豊かな味わいに('ω')ノ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆
このエントリーをはてなブックマークに追加