まるに農園「サン名月 りんごジャム」砂糖不使用 無添加 ※複数買いで価格がお得になります。

限定品

通常価格:¥ 620 ~ ¥ 7,440 税込

¥ 590 ~ ¥ 6,480 税込

↓選択すると商品の価格が表示されます。

信州安曇野(あづみの)産「まるに農園」のリンゴ「サン名月」で作ったりんごジャムです。市場にほとんど出回らないリンゴを、農園の二村さんのご厚意で譲っていただきました!おいしいジャムが作りたいとお願いしていたら、「やってみろ」と少量ですが譲ってもらえたんです!りんご本来の味それも「サン名月」の味を生かしたく、砂糖不使用、無添加で作りました。味は「とにかく甘い!」砂糖を使っていないのにしっかりとした甘みがあります。これは、サン名月の特徴で、生で食べても酸味が少なく甘さが強い特徴があるからです。
砂糖不使用、無添加なので小さなお子様がいる方にご好評です!
ちなみにラベルのイラストは、私の母親に描いてもらった絵を使っています。
数量限定残りわずか…店舗用の回収してきました(/ω\)ぜひ試してください!

【容量】
※180g 常温保存(開封後は要冷蔵)
※通常商品・予約販売商品・冷凍商品は、それぞれ同梱できないため一緒に買うことはできません。

【原材料名】
りんご、リンゴ果汁

商品コード: 458002754001801 ~ 458002754001812

安曇野「まるに農園」のリンゴ!

日本農業賞天皇杯を受賞し日本一のリンゴと言われている「まるに農園」のリンゴ!ほとんどが、贈答用で出荷されています。その中でも最希少種「サン名月」!「そんな貴重なリンゴでジャムを作りたい!」そこで農園の二村さんにお願いしたところ少量分けていただきました。「サン名月?聞いたことない?どんなリンゴ?」もともと群馬県発祥の群馬名月という品種のリンゴを、長野県安曇野で矮化栽培で作ったのが「サン名月」です。リンゴの木を小さく育て、太陽の光が木の全体に当たるようにして育てる栽培方法です。日本で最初に矮化栽培で作ったのが「まるに農園」なんです。また「サンふじ」同様の「サン」ですがサン=太陽を意味します。一般的にリンゴは、見栄えをよくするため果実を袋に入れて栽培します。長野県ではリンゴの見た目より味にこだわり袋に入れず太陽の光をたくさん浴びさせることで、甘味がぐっと強くなります。ちなみに「サンふじ」、「サンつがる」は長野県の登録商標で、長野県で作られた無袋栽培のリンゴですが、今では他の地域で作られた物も同様の名前で売られています。ここまでこだわっているからこそ「まるに農園」のリンゴは、ほとんど手に入らないんです 。作っている分の大半が予約されてしまい一般市場に出回りません。しかも購入者はリピーターと紹介のみ、驚きですよね(;'∀') そんな「サン名月の味は?」まず甘い!酸味が少ないので甘みが口に広がり後からりんごの風味が追いかけてきます。私も一番好きなリンゴです!

りんご本来の味わい!それも「サン名月」!

安曇野産「サン名月」の味を最大限に生かすために、砂糖不使用、無添加でジャムを作りました! 砂糖の代わりにリンゴジュースを煮詰めたものを使用することで、甘味とりんご本来の味わいを実現しています。普通は、砂糖や水あめ、ゲル化剤、酸化防止剤などを使うことでジャムのとろみや鮮やかな色を再現します。でも今回の商品は、見た目ではなくりんご本来の味にこだわりました!リンゴっぽい色の鮮やかな黄色ではなくあめ色なのは、煮詰めたリンゴジュースの色です。 また「ジャムにしたらリンゴの味はどれも一緒になっちゃうんじゃ?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実際作ってみたら違うんです。私も驚きでした( ゚Д゚)「サン名月」の場合、りんご本来の味と同様に酸味が少なく甘みが強い味わいになりました。素材によって味わいが変わるのを実感しました!砂糖不使用、無添加なので小さなお子様がいる方や、砂糖が気になる!って方にもおすすめです。

すべて手作業!

砂糖不使用、無添加のジャムを作ってくれるところはないか!?探しました…。 この条件を引き受けてくれる加工会社は、長野県内でほとんどありませんでした。しかもそんな大量ではないお願いを聞き入れてくれたのが信州自然大国さん!社長にお願いしたところ「やりますよ!でも、うちはこだわってるから高いですよww」ちょっとビビりました…。普通のジャムの加工場は、そんなに煮込む時間を設けず機械化されたものがほとんど、でも信州自然王国は違います!手作業で約通常の2倍近い煮込み時間の上、一つ一つ手作業で瓶詰めするこだわり。熟練の職人さんが仕上げてくれました。私もただペーストのジャムは嫌だったので、リンゴの食感を残すために試作品を何度も作ってもらい今回の仕上がりになりました!

店長 加藤のおどろき!

普段甘いものをあまり食べない私ですが、これならいける! 甘ったるくなく、サッパリした甘みの中に広がるリンゴの風味!おいしい名月がジャムになるとこんな感じなんだと驚きました! ジャムといったらパンですよね。とりあえずパンにのせて食べたところ、ジューシーでリンゴの味がしっかりで驚きました。さらに砂糖を使っていないのにこの甘さ! この手のジャムはあんまり流通することなく、ほとんどが地元長野県の道の駅やスーパーでしか買えません。しかも大体この量で¥700程度と高額です。

海老とアボカドのカレーにりんごジャム使ってみました!

りんごジャムを、料理にアレンジ!今回はカレーに使てみました。カレーといえばリンゴを使うことが多いかと思いますが、生のリンゴを使うより簡単で甘みがきいたおいしいカレーができました! 今回は、海老とアボカドのカレーです。作り方動画にアップするので参考にしてみてください!(編集中)

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆
このエントリーをはてなブックマークに追加